×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

掘り出せ!金の小判
〜株式投資、内職でめざせ金持ち〜


2.はじめて買った株

手数料の安さと人気にひかれてE*トレード証券 に口座を開設した私は、はやる気持ちを抑えきれず、早速どの株を買おうかなと物色しはじめました。

まずは安全のため少ない資金で株を買ってみようと思い、5万円以下で買える銘柄を中心に探しました。

すると、その当時(2005年8月頃)、無料パソコンテレビGyaoに登録したばかりで、よく視聴していた私は、パソコンを使って無料で動画コンテンツ流すというビジネスはうまくいくんじゃないかと直感して、この株買おうと決めました。

Gyaoを運営しているUSENという会社の株を10株@2965円で買ったのですが、このとき、あまりにも簡単にボタンひとつで株というものが買えてしまったことに拍子抜けしたことを覚えています。

それからしばらくイートレードのポートフォリオのページをハラハラドキドキしながらチェックする日々が続いていましたが、動く額が小さかったせいでしょうか(株価として何十円の幅を上がったり下がったり)、そのうち飽きてほっておくようになりました。

その後、旅行に行ったりしててすっかり株のことも忘れてしまっていたのですが、旅行から帰って久しぶりに株価をチェックしてみると、すこし下がっているのです。本に書いてあったナンピン買いというものをしてみようと思いつき、30株@2930円、60株2955円で買い足しました。これで294,850円分購入したことになります。

株価は徐々に上がっていき、3日ほど後に3000円の大台にのったのを機に売りました。こうして、差益が5150円、手数料525 X 4=2100円をひいて計3050円儲かったのです!

はじめての取引でうまくいったので、なんや株って簡単やん、と株式投資に対してお気楽に構えるようになってしまったのです。



3.お祭りにのまれる に進む

これまでの経緯編
1.株をはじめたきっかけ
2.はじめて買った株
3.お祭りにのまれる
4.デイトレードに目覚める?
5.いったん休止

ホームへ戻る